格安スマホフィッター

格安スマホの料金プランについて

格安スマホの料金プランは、3大キャリア(ドコモ, au, ソフトバンク)と同様、 利用するデータ通信(インターネット)容量に応じた定額料金プランが基本となります。

格安スマホ会社によって、0.1GB〜無制限まで幅広いラインナップが提供されていますが、 現状、大容量プランは3大キャリアとの差別化が難しくなっているので、 コスパがよいのは、1GB〜20GBくらいまでのプランかと思います。
実際、格安スマホでもっとも利用されているのは3GB〜10GBのプランと言われています。

スマホの用途や利用時間によって、どのプランにするのかを決める必要がありますが、 迷っている方むけに、プランを決める際の目安を記載しておきますので、参考にしてください。


- スポンサーリンク -




〜20GBのプラン 動画サービスやネットゲーム、テザリングをメインに1日5,6時間はスマホをさわっていて、家でもwifiを使わない。
〜10GBのプラン 動画サービスやSNS、ネットゲームをメインに1日3,4時間はスマホをさわっていて、家でもwifiを使わない。
〜7GBのプラン 動画サービスやSNS、ネットゲームをメインに1日3,4時間はスマホをさわってるが、家では基本wifi。
〜6GBのプラン 動画サービスやSNS、ネットゲームをメインに1日2,3時間はスマホをさわってるが、家では基本wifi。
〜5GBのプラン 動画サービスやSNS、ネットゲームをメインに1日1,2時間はスマホをさわってるが、家では基本wifi。
〜3GBのプラン SNS、ネット閲覧など1日1,2時間はスマホをさわってるが、動画サービス、ネットゲームはあまり利用しない。
〜1GBのプラン あんまり使わない。使っても電話以外の目的で1日1時間もスマホをさわらない


データ繰り越しサービスと従量制プラン

データ使用量が月によってまちまちで、定額製のデータプランを選ぶときに迷う方も、 結構いらっしゃるかと思います。

そのような時は、データ繰り越しサービスがある格安スマホ会社で、 ちょと少なめのデータプランを選ぶと良いかもしれません。
データ繰り越しは、その月に使え切れなかったデータ容量を翌月に繰り越してくれるサービスで、 例えば、3GBプランに加入していて、今月2GBしかデータ通信をしなかった場合、来月は余った1GB+ 契約分の3GBで合計4GBの高速データ通信が使える、というものです。
大抵の方は少し余裕のあるプランを選ぶため、「ギガ」は余ることが多いので、その分翌月以降に利用出来れば、 いざという時に困ることも少くなるのではないでしょうか。

また、こちらは数は少ないですが、使った分だけ料金を支払う、 従量制のプランを提供してる格安スマホ会社もあります。
「いや、もう毎月データ使用量が全然違うんだよ」という方はこちらを検討してみても良いかもしれませんね。


データ繰り越し、従量制プランを提供している格安スマホ会社

ご参考までに、格安スマホフィッターが推奨する格安スマホ会社のなかで、データ繰り越しサービス、従量制プランを提供している会社を紹介します。


UQ mobile

データ繰り越しサービスあり



mineo

データ繰り越しサービスあり

mineo(マイネオ)
mineo(マイネオ)


OCNモバイルONE

データ繰り越しサービスあり



IIJmio

データ繰り越しサービスあり



BIGLOBEモバイル

データ繰り越しサービスあり



AEON MOBILE

データ繰り越しサービスあり

イオンモバイル
イオンモバイル


nuro mobile

データ繰り越しサービスあり



LIBMO

データ繰り越しサービスあり



excite モバイル

データ繰り越しサービスあり
従量制プランあり



LinksMate

データ繰り越しサービスあり




格安スマホフィッターなら質問に答えるだけ。利用する料金プラン(の料金)も含めた、 さまざまな条件を総合診断して、あなたにピッタリの格安スマホを探し出します。ぜひ、ご活用ください!