格安スマホフィッター

格安スマホでのゲームの利用

格安スマホでもたいていの場合、(オンライン)ゲームを問題なく利用することが出来ます。

ただ、格安スマホの通信速度についてでふれている通り、 たいていの格安スマホ会社は、お昼時などの混雑する時間帯は通信速度が遅くなるため、 大容量データを消費するゲームの利用は厳しくなる場合があるので、留意しておいたほうがよいでしょう。

通信容量が大きくなるゲームは、Wifi環境下で利用される方も多いかと思いますが、 その場合は特に意識する必要はないかと思います。


- スポンサーリンク -




ゲームアプリのカウントフリーも

格安スマホでゲームをする方に注目してほしいサービスとして、「カウントフリー」 と呼ばれるサービスがあります(サービス名は各社によって異なります)。

これは特定のゲームアプリを利用するためのデータ通信容量をカウントしないというサービスで、 これは特定のゲームアプリを使用しても利用可能なデータ通信容量(ギガ)が減らない、というサービスで、 言い換えると対象アプリであれば、通信容量を気にせずに利用できるということになります。

たとえば、カウントフリー対象に利用するゲームアプリが含まれている場合、 高速データ通信でいくらゲームをしてもギガは減らないので、 スマホでは特定のオンラインゲームしかしない、という人であれば、 契約プランは1GBなどの最低限のプランで十分ということになります。

また、重たいオンラインゲームは家(Wifi)で利用していた方も、外出時でもギガを気にせず ゲームを楽しむことができるようになるでしょう。
スマホの利用用途がほとんど(オンライン)ゲーム、という方は、ぜひ検討してみてはいかがでしょうか。


ゲーム系のカウントフリーが使える格安スマホ会社

ご参考までに、格安スマホフィッターが推奨する格安スマホ会社のなかで、ゲーム系のカウントフリーサービスを提供している会社を紹介します。


mineo

月額385円、パケット放題Plusで全て使い放題。(通信速度は最大で最大1.5Mbps!)

mineo(マイネオ)
mineo(マイネオ)


LinksMate

月額550円、カウントフリーオプションで100を超える各種ゲーム、ABEMATV、AWA、NICONICO、ビデオマーケット、Twitter、FaceBook、Instagramなどの通信量カウントが90%以上オフ!




ゲーミングスマホ相当の高性能な格安スマホ

格安スマホでもほとんどのゲームは問題なく利用できまが、精度の高い3DやARを駆使した オンラインゲームともなると、スマホ自体の性能も重要になってきます。

3Dゲームの場合はCPUやRAMはなるべく高性能のものの方が良いでしょうし、 ARを駆使したゲームであれば、ジャイロセンサーは必須となります。

少し値は張りますが、格安スマホにもゲーミングスマホと呼んでも遜色のない高性能スマホがあるので、 「いろんなオンラインゲームを存分に楽しみたい」という方は、検討してみてはいかがでしょうか。

ご参考までに、格安スマホフィッターに掲載中の格安スマホのなかで、代表的な高性能スマホをいくつか紹介します。


ROG Phone 5 16GB (ASUS)

満たされぬ、挑戦者たちへ。



ROG Phone 5 12GB (ASUS)

満たされぬ、挑戦者たちへ。



ROG Phone 3 12GB (ASUS)

GAMERに、限界はない





格安スマホフィッターなら質問に答えるだけ。カウントフリーサービスの有無やスマホの性能も含めた、 さまざまな条件を総合診断して、あなたにピッタリの格安スマホを探し出します。ぜひ、ご活用ください!