格安スマホフィッター

スマホのOSについて

OS(Operating System)とはコンピューターシステムにおける基本ソフトのことです… 。 まあ、パソコンでいうところのWindowsってやつですね。。

スマホにおけるOSはAndroid(Google社)とiOS(Apple社)でほぼ2分されていて、 基本的にはどちらかを選択することになります。

選択出来る端末の多さや種類で比べると、様々な端末メーカーが利用できるAndroid搭載スマホが 圧倒的に多いのですが、iOSが搭載されたスマホはアップル社提供のiPhoneのみとなります。

※近年、Google(アメリカ)との確執が問題となっている、Huawei製の最新スマホが搭載しているOS(Harmony)ですが、 Android準拠とはいえ、Androidアプリの基盤となるGoogleストアが使えないなどの制限があるようです。

現段階では便利なAndroid用アプリの多くが、正規ルートでは入手できないようなので、 購入の際は注意が必要です。


- スポンサーリンク -




格安スマホでiPhone

世界的なシェアで見ると、廉価製品から高級製品まで幅広い選択肢があるAndroidスマホが デファクトスタンダードとなっていますが、日本ではiPhoneがとても人気があり、 国内スマホ利用者の半数程度がiPhoneを利用しているといわれています。

iPhoneはOSとハードウェアがそれぞれ専用に作りこまれている分、操作性が良く、 おしゃれなブランドイメージが根強いこともあって、人気となっているようです。

このiPhone、格安スマホとしてももちろん利用できます。アップル公式サイトでSIMフリー端末のみ購入する こともできますが、お得な価格でセット提供している格安スマホ会社もあります。

ご参考までに、格安スマホフィッターで掲載されている、最新のiPhone情報を紹介します。


IPhone 12 mini (256GB) (Apple)

早い話、速いです。



IPhone 12 mini (128GB) (Apple)

早い話、速いです。



IPhone 12 mini (64GB) (Apple)

早い話、速いです。





iPhone(iOS)かAndroidか

特にこだわりのない方はまあ、どちらでもいいかと思います。 誤解を恐れずにいえば、基本的な機能面でそんなに違いはないんじゃないかと思いますので… 。

機能がほとんど一緒なら、安いほうがいいでしょ、という方はAndroidになるでしょう。

iPhoneは一度使うと止められなくなる!?という方も多いので、ちょっとお高いかもしれませんが、 お洒落好きの方や操作性を重視する方などは、一度は利用してみる価値があるかもしれません。

どちらも入手はしやすいかと思いますので、迷ったなら何年かごとに両方試してみるのも 良いかもしれませんね。

格安スマホフィッターなら質問に答えるだけ。希望のOSも含めた、さまざまな用途を 総合診断して、あなたにピッタリの格安スマホを探し出します。ぜひ、ご活用ください!